【スープジャー編 シーズン3】いなばのタイカレーで作るカレーフォーのスープジャー【サーモス 真空断熱フードコンテナー THERMOS JBJ-300】

スムージーTVササオです。
私達スムージーTVでは、ペプチド・コラーゲンパウダーSKを使ったオリジナルレシピを紹介しています。今日は、「サーモス 真空断熱フードコンテナー JBJ300 」を使った「スープジャー編」をお送りします。

このスープジャーは下処理した野菜などの材料とお湯を入れて置くだけで数時間後に温かいスープが食べられるというスグレモノ。その手軽さから、お弁当にピッタリってことで人気の商品です!

本日のメニューは、「いなばのタイカレー缶で作る簡単レシピ!カレーフォーのスープジャー」です。今回もペプチド・コラーゲンパウダーSKをたっぷり入れた、サプリDEスープジャーをご紹介します!

[材 料]
・いなば チキンとタイカレー(イエロー) 1缶
このカレー缶ですが、種類豊富ですけど、このイエローのやつ。これ使ってください。一番辛さがマイルドでちょうど良いです。グリーンとか、レッドとかも試しましたが、ちょっと辛さキツかったです。
・牛乳 100cc
・春雨 30g
・コラーゲンパウダーSK 5g
・ゆで玉子 1個

[作り方]
① タイカレーと牛乳を合わせてレンジで温める。
② 温めたスープジャーに春雨とペプチド・コラーゲンパウダーSKを入れ、①を注ぐ。
③ 卵をのせてフタをしっかり閉めて完成。

では、作っていきましょう!
Cooking start!!

 


まず、スープジャーをお湯で温めます。本体を温めておくことで保温効果が高まります。温まったらお湯を捨てて、具材を入れていきましょう。

うちのオリジナル商品、ペプチド・コラーゲンパウダーSKをたっぷり5gを入れます。味やにおいまったくありませんので、料理の味を邪魔しません。

次ぎに、春雨を入れます。

そして、タイカレーと牛乳を合わせて温めたスープを入れます。

あとは蓋をしっかり閉めて完成です。たったこれだけ。朝作って、お昼休みに温かランチとして美味しくいただけます。

 


では、約4時間置いたスープジャー。美味しくなってるかな?いただきましょう!

時間を置くことで、牛乳ベースのカレースープがまろやか!春雨もしっとりしてすごく美味しくなります。時間を置くことでグッと美味しくなるから、忙しい朝でもサッと手早く作って、お昼に温かランチ!もう最高です!さらにですね、ペプチド・コラーゲンパウダーSKがたっぷり入ってますので、女子的にも完璧!みなさんもぜひコラーゲンパウダーSKを使ってサプリDEスープジャー、作ってみてくださいね。

それでは次回もお楽しみに〜。